柴わんといっしょ〜おでかけまっぷ〜 

アクセスカウンタ

zoom RSS サメミロン

<<   作成日時 : 2015/06/14 23:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

数ヶ月前から定期的に足の治療しているせいで、
治療する→歩けない(動けない)→激しい腰痛→歩行が普通に戻る→元気になる→治療する→歩けない(動けない)のサイクルを繰り返している私



私が動けない間の柴わんのコトは、鞍馬が充分にやってくれてるけど、
治療後数日間、私が椅子に寄って来る柴わんを座ったまま撫でてやるだけしか出来ない間、
柴わんのストレスは相当なものらしく。。。


治療の後の経過サイクルが3回目を巡回している頃、
柴わんに【足を頻繁に舐める】という、ストレス反応が出始めた



柴わんの足の指の間を見てみると、俗に言う【指間炎】になりかけ( ̄□ ̄;)マズイ!
※柴わんは1歳頃に一度指間炎で診察してもらったコトがある。


犬の指間炎は、
犬が舐める事によって口腔細菌がジメジメした部分の皮膚に入り込んでどんどん悪化するという厄介な代物らしく、とにかく「舐めさせない」コトが一番肝心。

だけど・・・

そもそも舐める原因を作っているのは、飼い主(私の事情)なわけで。。。


あーーーーっllllll(-ω-;)llllllガーン…
だから、しっかり服従性で自立させないと“犬が”可哀相なんじゃーん!!

※大きな声では言えないが、そんなに慕ってくれてるなんてちょっと嬉しかったりもする(*´m`)


と、こんな切羽詰まった時になって、慌てて反省や後悔をしてても仕方ない(だから普段からやっとけ!)ので、
常備薬の「サメミロン」が久方ぶりにご登場。



画像

           効能とか成分を私は詳しく説明できないので、
             興味のある人はこちら☆こちら☆へ。




私の使い方は、今のところ主に外用薬。
なので、柴わんも仔犬の頃から小さな怪我や傷はすぐサメミロン。
(ちなみに私も柴わんも、目薬として使用したコトも♪)



使い方は、
オレンジ色のカプセルの先っぽを切って、中の液体を柴わんの患部に。



画像




余った液体も、カプセル以外全て柴わんに飲ませているが、
犬の塗り薬で「飲める(=舐めてもOK♪)」って、むちゃくちゃ安心〜
(でも、「舐めないでね♪」と言うと、柴わんは舐めないけどねーー。(*´艸`*))




             動画は、後から特別に撮ったモノ。






回復が見込めなかったら、一度病院に連れて行くつもりでいたのに、
柴わんの指間炎は、たった2日の投薬でキレイさっぱり完治!早っ!


いつも思うけど、サメミロンの効果凄すぎーー
柴わんの常備薬として、手放せません!






※補足

原因になっているストレスの緩和ケアも、即効で充分に行いました。

その後、4回目5回目と治療は続行中だけど、
柴わんの足舐め行動(&指間炎)は、完全におさまっています♪






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

サメミロン 柴わんといっしょ〜おでかけまっぷ〜 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる