柴わんといっしょ〜おでかけまっぷ〜 

アクセスカウンタ

zoom RSS モンちゃんからの最初の贈り物

<<   作成日時 : 2015/04/06 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3月最後の日曜日、ロッキー家で毎年恒例のお花見散歩

画像



しかも、いつものトリオに新人新犬が仲間入り


      マロンの兄弟分で、名前はモンブラン。(通称「モン」)
画像



最初コイケルと見間違えた生後10カ月のモンちゃんは、
“ブリタニー・スパニエル”っていう、ちょっと珍しい犬種なんだって。

ブリタニー・スパニエルは、元々フランスの鳥猟犬種だそうで、
その能力の高さと美しいプロポーションから、
欧米の猟師さんやショードッグ愛好家に、とっても人気があるんだそう。



     細身なモンちゃんだけど、筋肉の発達がすごい
画像



      繰り出される動きも俊敏でエネルギッシュ
画像

           しつけもルーキーのモンちゃんは、
        まだ動くものに、かなり強い反応を示していた。



その分、先住犬のマロンは結構お疲れモードだったなぁ〜

画像



画像



他犬に興味のないロッキーは、モンちゃんを全く意に介せずだったけど、


         対人には相変わらず無茶苦茶関心が高く
画像


              あれっ?(2頭同時に動き始めた)
画像



       振り返ると、私の後ろへ戻って来た鞍馬へ一直線
画像


          ロッキー、まるで“ウチのコ”みたい(*´艸`*)



まだ、心理上の他犬問題が残っている我が家の柴わん。
今回、初めて会ったモンちゃんに対して


        予想以上に“服従性の自立”が出来始めててビックリ
画像

        ↑モンちゃんを見つめる表情も、意外に“いいお顔”.+:。(´ω`*)゚.+:。



モンちゃんが周囲に支配性を向けると、柴わんも支配性を出すものの
声をかけるだけで、緊張が緩んだり服従性に戻ったり


        自ら勝手に、愛情圏(鞍馬の足元)におさまる柴わん↓
画像

         でもまだ、良くも悪くも突っ込みドコロ満載〜(爆)



昨年秋から取り組んだ
『脱!イヌだから・・・(「イヌだから仕方ない」「イヌだからまっいいか」の考え方を止めるコト)』。

今以上の服従性を引き出す為には不可欠なプロセスだったので、
柴わんの『形だけお利口』もやめさせ(崩し)て、準備万端で来たのに〜


     周囲とおしゃべりしながらも、柴わんと視線が近づく“補助椅子”↓
画像



        しつけ用に持参したけど、今回は少ししか使わなかった
画像

        でも柴わんは、そろそろいっぱい使って欲しかったかも^^;


(イヌの)心を育てるコトは、すんなりと“期待”通りの答えが返ってこないコトも多い。(←柴わんの場合は特に!)

だから先に進むには「自分を信じる」しかないのだけど、
モンちゃんのお陰で、
今の段階(=心を育てる順番)に確信が持てて“自信”が付いたよぉ〜.+:。(≧∇≦)ノ゚.+:。


      モンちゃんサンキューーこれからもヨロシクね
画像





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

モンちゃんからの最初の贈り物 柴わんといっしょ〜おでかけまっぷ〜 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる