柴わんといっしょ〜おでかけまっぷ〜 

アクセスカウンタ

zoom RSS 神様達のゲート“稲佐の浜” 〜神の國詣で〜

<<   作成日時 : 2015/02/27 23:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

旧暦10月、全国の神々が一斉に出雲大社に集まる月。

他地域では神様が不在となるので「神無月(かんなづき)」と言うけれど
それとは逆に出雲では「神在月(かみありづき)」って呼ぶんだとか

その出雲への神様達の入口が、ココ『稲佐の浜』らしい


    全国の八百万の神様が一斉にこの浜へ上陸って・・・
  空から来るのか、海から来るのか、それとも突然現れるのか!
画像

      見れるモノなら見てみたぁ〜いo(*≧ω≦*)o


で、その日はこの浜で「神迎祭」という神事が行われ、
神様の行列は『神迎の道』を通って宿舎となる出雲大社へ。。。

集まった全国の神様達が、縁結びやその年の収穫などの人智の及ばぬ諸般について話し合う「神議り(かむはかり)」を行うのは有名だけど、その「神議り」って出雲大社でやっているものとばかり思っていたら、会議場(?)は『稲佐の浜』からすぐ近くにあるお社(別会場?)なんだって


せっかくなので、柴わんといっしょに
入り組んだ住宅街の中にある、そのお社を見に行った


       出雲大社・境外摂社『上の宮(かみのみや)』
画像

       ↑ご修造中だったので、本殿を横から撮影。


ここは「神議り」の期間中のみ開かれるお社で、普段は閉まっているらしい。

でも、この時(昨年10月)はご修造中。
残念と言うべきか、ラッキーと言うべきか、普段は閉ざされているお社が開門されていて中までスコーンと見渡せた。

まぁ、誰(神様)もいない時期だからね

だけど、神様達が会議を執り行う7日間は、
出雲の町では「神様の邪魔をしてはいけない」と騒がない様に静かに過ごし、家を建てるのも控えるんだそう。
今なお、カラオケを自粛するお店も結構あるんだって。


『上の宮』から、ほんの少し下った(50m位?)所には、

       出雲大社・境外摂社『下の宮(しものみや)』
画像

        こちらには、アマテラスが祀られている。


全ての神様を束ねるアマテラスのお社は、会議場(上の宮)からみると執務室みたいな距離感。

誰か(もちろん神様の一人)が、
「コレ、新しく決まりましたーー!認証お願いします。」とか言って
アマテラスのお社に決定事項(書類とか)を持ちこんでいたら・・・・・

ちょっと、おもしろ過ぎる(((*≧艸≦)ププ…ッ


画像

        ↑昔は海の中に浮かんでいたという『沖御前』


『稲佐の浜』は、古事記の中の「国譲り神話」の舞台。

そのお話を超簡単に説明すると
オオクニヌシが苦労して出雲の国を造り上げたら、高天原からアマテラスの遣いが稲佐の浜にやって来て、「ここはアマテラスの子孫が治める国だから返せ」って言われてしまう。

オオクニヌシが自分の子供2人にその交渉を任すと、一人はすんなり了承したのだけど、もう一人は抵抗し、アマテラスの使者と力比べをして負けて逃亡。

オオクニヌシは国をアマテラスに譲ると決めて、その代わり大きな宮殿を建ててそこに住むコトを要求したというお話。

で、その宮殿が『出雲大社』の始まりなんだとか



       その会談を行った場所が、ここ↓『屏風岩』
画像

             『稲佐の浜』のすぐ近く


多分「国譲り神話」は、出雲国がヤマト政権から侵略・制圧されたコトを示してるんだろうな・・・

そのせいか、出雲大社の御祭神・大国主大神(オオクニヌシ)は、
正面を向かず(=大和政権におもねるコト無く)、横(西)向きに座しているという説もある。(←諸説ある)

そのオオクニヌシが見つめる西の方向にあるのが、


              ここ、『稲佐の浜』
画像



神々に畏怖の念を持つ出雲の人にとって、オオクニヌシが見つめ続け、
八百万の神が降り立つ『稲佐の浜』は、特別神聖な場所らしく、
「潮汲み」という民俗風習などもあるんだとか。

そして他にも、『稲佐の浜』から『出雲大社』へ向かうお参りに、
家の敷地を清めたり、我が身を守ったりする方法があるらしい



          観光客でも出来るというので、早速実行〜
画像

           砂を拾い集めてから、出雲大社参拝へ



ちなみに、『稲佐の浜』周辺散策のお散歩はせいぜい15分程度だった柴わん。
でも「稲佐の浜」の海岸沿いには、松江から宍道湖を経由する総延長51.7km『出雲路自転車道』が〜(*⌒∇⌒*)


     弓状になった約3キロの「稲佐の浜」沿いを何度か往復して
画像

            柴わんもたっぷり走れたよ



【稲佐の浜】
住所:島根県出雲市大社町杵築北2844-73
電話番号:0853-53-2112(出雲観光協会)
駐車場:有り(20台程度)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

神様達のゲート“稲佐の浜” 〜神の國詣で〜 柴わんといっしょ〜おでかけまっぷ〜 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる